読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぁここで踊りましょう!!!

なんでもないような事が幸せなんだなぁ〜。ここでは皆様のためになるのかわからないですが、いろいろと書きます

パァンケーキでございます!

 

パァンケーキでございます!

(サ◯エさん風)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20160810192959p:plain

f:id:notdakyo:20160810193027j:plain

▼サ◯エさんとパァンケーキ

 

 

まずパンケーキとは何か・・・

こちらの引用を見ていただきたい。

 

【パンケーキ】
ホットケーキと比べて甘味をおさえ、食事に合うような品質に
砂糖は使っておらず、水だけで作れるところも特徴
※砂糖は不使用だが水あめなどが入っているのでホットケーキほどではないものの、少々の甘みあり

 

【ホットケーキ】
小麦粉、卵、牛乳、砂糖などを混ぜて、フライパンで円形に焼いたもの。甘くて、厚みのあるもの 

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1346636468117.html

(引用元)

 

 

 

 

 

つまり、ホットケーキよりも

甘くなく、砂糖を使っていないので

健康にも良く、美味しい。

 

 

 

 

 

 

つまり……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神の食べ物だ。

 

 

 

 

 

 

 

「いつかは、クラウン。」

このコピーが流行った時代

車を乗る事が社会のステータスになってたいたらしい。

 

 

 

 

だが、時代が進むことで

若者の車離れも進み

今では、社会のステータスとは言えなくなってるのが現状だ。

 

 

 

 

じゃ、今の若者のステータスは何だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 SNSのLikeとcommentだ。

 

 

 

 

 

 

 

その手段として

多く用いられてる武器の1つがコレだ!

 

 

 

 

ワン

 

 

 

トゥ

 

 

 

スリー

 

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20160810193027j:plain

▼パァンケーキだ!

 

 

 

 

 

 

もちろん、パンケーキのことだ。

本稿では親しみを込めて

「パァンケーキ」と呼ばせて頂く。

ご了承願う。

 

 

 

 

 

つまり

パァンケーキをSNSに載せる

ことだ。

 

 

 

 

もっと正確に言うと

カメラの高性能アプリを使い

巧みに画像編集したパァンケーキを

TwitterInstagramFacebookに載せること。

 

 

そして

Like(イイネ!)と

comment(コメント)を多くもらう事がステータス

になっている。

 

 

 

 Instagramで「#パンケーキ」で調べて見た。

 

 

f:id:notdakyo:20160808001300p:image

 f:id:notdakyo:20160808001314p:image

Instagramで「#パンケーキ」と調べた結果

 

 

 

 

見てお分かりの通り

1,060,490件の投稿があるのだ。

日本の人口が1億とすると…

実に100人に1人がパンケーキについて投稿していることになる。

(ちなみにこのハッシュタグは人気のある投稿の数で数時間〜数日間カウントされるとのこと。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

検索画像を確認して頂くと

パァンケーキのアングルも

オシャレな写真ばかりだ。

 

 

 

おそらく、パァンケーキが出てから

最低1分以上は

アングル探しに費やしているだろう。

 

 

 ベストアングルを決めた頃には

パァンケーキは少し冷めているかもしれない。

 

 

 

 

 

 だが、そんな事は関係ない。

 

 

 

 

  

目的は

SNSでLikeとcommentを貰う事。

その手段として

オシャレなパァンケーキを

オシャレな角度で撮影し

オシャレに加工し

オシャレな文章で投稿する事なのだ。

 

そして、味も美味しければ文句なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

では、そろそろ本題だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜパァンケーキなのか?

 

 

 

 

 

ホットケーキでもなく

ショートケーキでもなく

チョコレートケーキでもなく・・・

 

 

 

 

 

なぜパァンケーキを撮影して

SNSに投稿するのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

答えを求め、

私たちはある男に話を聞いてみた。

 

 

 

その筋25年のベテランだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本パァンケーキ推奨の会(仮)

広報部のWさんだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110143j:plain

▼日本パァンケーキ推奨の会(仮) 広報部のWさん

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015113118j:plain 

私 「Wさん、お忙しいなかお時間をいただきありがとうございます。本日は宜しくお願い致します。」

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110143j:plain

 Wさん「こちらこそ宜しくお願いします」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

私「単刀直入に申します。なぜパァンケーキを撮影しSNSに投稿するのでしょうか?」

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110106j:plain

  Wさん「いい質問ですね。少しお時間をいただきたいです。

 

 

 

 

 

 f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

私「はい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110050j:plain

 Wさん「それはですね、パァンケーキが簡単なんですよ。」

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

私「・・・と言いますと?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110221j:plain

 Wさん「単純にオシャレなんですよね。アングルさえ決まれば画になる。」

 

 

 

 f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

 

私「ほうほう。でもそれは、他の料理でもいいのでは?」

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110241j:plain

Wさん「お店も含めてオシャレじゃないといけない。そこがポイントなんです。」

 

 

 

 

 

 f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

Wさん「ほう。」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110241j:plain

 

Wさん「考えてみてくださいよ。自分でパァンケーキを作って写真撮ってる人いますか?お店で出された商品と周りの雰囲気をいかに綺麗に撮るか!ココが肝ですよね。」

 

 

 

 

 

 f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

 Wさん「確かに。作るのめんどくさいし、お店の方が確実にビジュアルいいですもんね。」

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110106j:plain

  Wさん「パァンケーキに限らず、ラーメンや他の食べ物もSNSに多いですよね。」

 

 

 

 

 

 f:id:notdakyo:20161015113118j:plain

 Wさん「そーいや、不思議と吉野家とかマクドナルドで写真を撮ってる人は少ないですもんね。」

 

 

 

f:id:notdakyo:20161015110106j:plain

  Wさん「やはり商品とお店の雰囲気がオシャレなものが多いように感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オシャレ。

 

 そこがポイントかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに 

iPhoneの容量は

多くて256ギガ

 

ちなみに脳の容量は1ペタバイト(らしい)

※どうやらHD品質の映像ならなんと13.3年分のデータ量であるらしい。

 

 

 

 

大事なことは

カメラを向けているその瞬間も

時はすぎているという事。

 

本当に大事な瞬間は、

自分の目で見て、心に刻んでほしい。

 

 

 

 

心のアルバムに・・・