読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぁここで踊りましょう!!!

なんでもないような事が幸せなんだなぁ〜。ここでは皆様のためになるのかわからないですが、いろいろと書きます

チャリ走 〜豊中-須磨 in 2009〜 #2

おさらい

 

notdakyo.hatenablog.com

  

野球部を引退した僕は

有り余った力を放出するために

リアルチャリ旅をするのである。

道中で次々と仲間たちと合流し

目的地の須磨まで目指すのである。

f:id:notdakyo:20160714105856j:plain

豊中-須磨までのルート 片道41.2キロある。

往復80キロ以上もあるのだ。

若さとは恐ろしい・・・ 

後々説明するが、

今ざっくり経路を説明すると・・・

 

ー出発ー

豊中市西泉丘

阪急塚口 キックス合流

阪神尼崎

甲子園球場

芦屋川

神戸大学 薬事学部 シンジロウ・しんちゃん合流

渡邉家 ナベ合流

三宮センター街

須磨税務署

ー到着ー

須磨の海 今田合流

海釣り開始

ガスト

帰宅

 

みたいな流れだ。

 

 

 

 

 

当時の住んでいた場所 

 

当時は 大阪府豊中市西泉丘に住んでいた。 

 

f:id:notdakyo:20160714014327p:plain

豊中市を俯瞰で見た地図

お分かりだろうか?

赤色で囲っているのが豊中を現すのだ。

大阪では北摂地方と呼ばれ、

閑静な住宅地で人気もあるらしい。

僕は、豊中市の西泉丘に住んでいた。

 

 

f:id:notdakyo:20160714015514p:plain

▼当時住んでいた地域

赤色で囲まれた地域で、

18年間過ごしてきた。

小学校・中学校が、

ほぼほぼ隣接されてることもあり、

6年間、通学時間・経路が

ほぼ変わらなかったのだ。

 

ちなみにすぐ下にある、

緑地公園は本当に最高の場所である。

緑に囲まれ、敷地内には

『子供の楽園』をはじめ、

公園や広場がたくさんあり

休日には子供連れの家族で、

賑わう場所である。

 

ぜひ一度は行っていただきたい。

 

ちなみに、緑地公園について

勝手に作詞作曲した歌がある。

緑地公園のスポットを、

一箇所一箇所まわり、

僕らの想いを勝手に、

歌にのせて作成したものだ。

誰に頼まれたわけでなく、

自分たちで勝手に作成した。

もし時間があれば、

ぜひ一度聴いていただきたい。


【Ten6Kids】緑地公園

 

 

 

さぁ話を進めます。

 

 

 

経路説明

早朝3時30分 家を出発し

阪急塚口駅に向かった。

ルートはこんな感じだ。

 

f:id:notdakyo:20160714234830j:plain

▼西泉丘-塚口の距離

距離は 約10kmくらいだ。

G先生(Google)のMapの乗り物選択は

ちなみに車・電車・徒歩しかない。

(正確に言うと自転車と飛行機もあるが、なぜか表示されなかったのだ!)

自転車は、3つの中では

どっちか言うと徒歩の部類に

入ると思うので、

今後、地図画像は全て徒歩で

検索して添付することにする。

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011347j:plain

▼ 当時の家から約1時間で阪急塚口駅に到着。

午前4時47分に塚口に到着し、

僕たちは須磨に向かうべく

阪神尼崎駅を経由し、

2号線で目的地(須磨)に

向かうことにした。

 

 

f:id:notdakyo:20160715224600j:plain

▼阪急塚口駅 - 甲子園球場  経由 阪神尼崎駅

 道中に甲子園球場があり、

高校時代ここで

プレーをすることが目標だった。

少し、甘酸っぱい感じだが、

僕たちは寄ることにした。

 

 

f:id:notdakyo:20160714011340j:plain

▼僕とキックス  甲子園 午前6時20分

自転車を漕いで、約3時間。

疲労などは感じず、

優雅に朝の散歩を楽しんでいる方に

撮影をしていただいた。

 

 

 

勘のいい人は、

ここら辺で気付いてるかもしれない。

 

なぜ、正確に時間を標記できるのか!?

それには理由がある。

 

 

 

 

 

これだ!

 

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20160715231658p:plain

f:id:notdakyo:20160715231515p:plain

ドーーーン !!!

mixiのアルバムページ

超久しぶりにミクシーに

ログインしたのだ。

すごく懐かしい!!!

そこで、過去にあげていた日記や

アップした写真。

これらを懐かしく見ていたら

ちょうど須磨までの道中の写真を収め、

さらには時間まで

記録しているというマメさ。

 

 

 

 

話を進めます。

 

さぁ、ここから甲子園から

北上していく。

(※ちなみに2号線をひたすら北上するため、次から地図は貼らない)

 

 

f:id:notdakyo:20160714011337j:plain

▼芦屋川 午前6時45分 

我が、母校もこの近所にあるのだ。

今となっては、懐かしい。

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011343j:plain

神戸大学 薬事学部  午前6時53分

確か、学生の方に

撮影していただいた記憶がある。

記憶によると、

ここでシンジロウとしんちゃんと合流した。

 

 

 

f:id:notdakyo:20160716005346j:plain

▼渡邉家 午前7時03分

ここで、ナベちゃんと合流した。

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011336j:plain

三宮センター街 午前8時

右から順に 僕・キックス・シンジロウ・ナベ・しんちゃん

今思うと、当時インスタがあれば

間違いなく100いいね!が貰えそうな

シュチュエーションと写真である。

この時間帯で、

センター街には人はいなかった。

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011344j:plain

▼須磨税務署 午前9時

さぁ、ゴールはもうすぐ!

ちなみに、三宮と須磨の道中で

キックスのチャリンコがパンクの被害にあう。

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011345j:plain

須磨海浜公園に到着 10時30分

ちなみに、ここに来る前にすき家に寄ったのだ。

遅めの朝飯だ。

この牛丼が、まぁシコタマ旨かった。

全国変わらない味なのに、

未だに当時の味を覚えている。

やはり苦労した分、

美味しく感じてしまうのか。

高校生にして、

そのことが学べてよかった。

 

 

 

f:id:notdakyo:20160716011343j:plain

 ▼海釣りを開始  午前11時20分

釣れる釣れる。

おそらく、ビギナーズラックだ。

最初に釣れたのは、

開始30分程度だった。

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011346j:plain

▼釣った魚たち 14時46分

 種類はわからない。

が、自分たちで釣った喜びは未だに覚えている。

 

 

 

 

f:id:notdakyo:20160714011339j:plain

▼集合写真 14時47分

お分りいただけただろうか?

釣った魚にご満悦な顔だ。

これはいわゆる ドヤ顔だ!!!

 

 

 

 

 

この後は、ガストにより

少し休憩した後に帰宅。

 

ちなみに、帰宅時は

チャリンコ鬼ごっこをしたらしい。

はたまた、迷惑な集団であっただろう。

本当に申し訳ない。 

 

 

 

 

まとめ

 

今振り返ると、最高な旅だった。

 

電車に乗れば、

片道1時間で着くのだが

自転車で7時間もかけて行った。

確かに無駄な作業かもしれない。

だがあんなに牛丼を

美味しく感じることは

電車で行っていたら

絶対に体験はできなかった。

周り道をすることは

決して悪いことではない。

 

 

ちなみに、当時のミクシーの日記に

こう綴られている。

 

今日は、 
鈴木、ナベ、今田、しんじろう、しんちゃんで須磨までチャリ走した 

行きは7時間こいだ 
アドレナリンがやばかった。 

須磨で海釣りをした 

たくさん釣れた 

須磨からの帰り道 
しんちゃん、しんじろうの 
チャリがパンクした 
こいつらは幸が薄かった笑 

帰り道のチャリオニゴ 
これが半端なく楽しかった 
特に三宮付近での 

むしろ海釣りよりも楽しかった 
海釣りの魚は 
今田が持参して調理した 
旨そうだった揺れるハート 

帰り道は5時間でつきました 

合計で120キロはこいだうれしい顔 
達成感半端なく湧いた!!! 


またアルバム載せるんで 
写真と色々照らし合わせて 
みてください 



名言# 


チャリを作った人に感謝! 

by 鈴木あきひろ 


世界はどこまでも繋がっている 

by 水口しんじろう

 

 

この日の飯は、

何を食べても最高だった。

 

また、出来るものなら

チャリ旅をしたいものだ。

 

大人になると時間や体力も奪われ

なかなかできないが

時間を作って実行してみようと思う。

 

 

 

いい思い出に乾杯。