読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぁここで踊りましょう!!!

なんでもないような事が幸せなんだなぁ〜。ここでは皆様のためになるのかわからないですが、いろいろと書きます

チャリ走 〜豊中-須磨 in 2009〜 #1

 

久しぶりにミクシーの日記を見ることがあった。

きっかけは高校野球

高校時代、よくミクシーに日記を綴っていた。

主に、ネタ日記

そういうの見ていたら、懐かしくなり

気がついたら夜が更けてるなんてザラ。

 

今日は、その一部を紹介しようと思う。

 

 

今から遡ること、7年前

 

僕が、まだ高校三年生の頃。

高校野球を引退して1ヶ月だ。

ありふれたパワーをどこにぶつけていいかわからない時期だった。

高校野球に、青春のすべてを捧げたモサな男たちは

スクールカルチャーを知らない。

ましてや、男子校。

君に届け』『orange-オレンジ』などの

青春100%のキラキラしたスクールライフとは対照的な高校生活だった。

まわりは、男。男、男。見渡す限り、男だった。

僕は単純に羨ましかったんだ。

理想は『タッチ (漫画) - Wikipedia』のような青春を過ごしたかった。

 

ー妄想ー

 

女子高生1:

「試合見に行ってたよ!すごいかっこよかった。」

 

女子高生2:

「クワハラくんって、野球やってる時かっこいいんだね。見直したよ。」

 

女子高生3&4:

3「早く、行きなよ。千鶴!ほら早く早く。」

4「や・やめてよ、あさこ。後ろ押さないでよ。恥ずかしいよ・・・」

3「何言ってんの!?クワハラくんがホームラン打ったんだよ?かっこよかったんでしょ?千鶴もバット振らなきゃ、当たらないよ!」

4「え・・・でも・・・そんの無理だよ・・・恥ずかしい、怖いよ・・・」

3「あーあぁもう、行っちゃえ!!!(4の背中を押す)」

ドン! クワハラにぶつかる。

4「わわわわ、やめてよ!!!・・・k…クワハラ…くん、あ、あのさ・・・クワハラくんの野球してる姿かっこよかったよ!!!・・・キャーーーー(クワハラの前から去る)」

ヒソヒソヒソ・・・

 

みたいな、教室や渡り廊下での黄色い声は一切なく

 

 

ー現実ー

 

男子1:

「快、かっこよかったで!普段と全然ちゃうやん!笑」

 

男子2:

「ほんまに最高やった!感動した!ありがとう!」

 

男子3:

「引退したら、髪の毛伸びるな!違和感しかないわー」

 

男子4:

「ほんまやな、ハゲ(坊主の事)の方が似合うのにな笑」

 

男子5:

「イェーイ!お疲れかいちゃん!(ハイタッチ)」

 

 

これが現実である。

 

 

全く知らない、女子高生から

ラブレターを渡れたり、

追っかけされたり、

ファンクラブ創立なんて、また夢の夢。

 夏の大会が終わって

2学期になり学校に行くと、明らかにクラスの目線が違う。

特に周りの女子が、明らかに僕に意識してる。

けど、ここは冷静に。

いつものクワハラを演じなくては・・・

オイオイオイ、モテキ到来かよ。

困ったもんだな!!!わははははは

 みたいな、2学期の始まりもない。

(※そもそもモテ期など人生で、きていない)

 

 

この悶々とした、思いをどこにぶつけたらいいのか・・・

答えは一つだった。

 

 

 

バカなことを全力でやることだった。

 

 

 当時、バカなことっていっても限られている。

例えば・・・

 

f:id:notdakyo:20160714114243j:plain

f:id:notdakyo:20160714114248j:plain

f:id:notdakyo:20160714114651j:plain

 

昔の写真があったので貼る。

紙コップをひたすら集めてひたすら積んでみたり

携帯の限界を知るために、無駄に解体をして機能するか実験した。

こういうことに全力で挑んでいたのだ。

なかなかしょーもないだろう? 

 

 

もっとエキサイティングな何か面白いことはないか?

考えた。考えた。また考えた。

 

ある日、思いついたのだ。

 

 

あっそうだ!リアルチャリ走をしよう!

 

 

その発端は当時ミクシーが流行ってて

ミクシーのゲームで、『チャリ走』というゲームがあった。

 

 

f:id:notdakyo:20160714115101g:plain

 

このシュールでシンプルなゲームに

僕の友達全員はまっていた。

 

 これをしながら、

リアルにチャリでどこまでいけるかチャレンジしたくなった。

 

 

一旦思いついたら、即行動だ。

 

とりあえず、友達に電話をした。

忘れもしない。

僕の大好きな漫画『タッチ』の作者の新作『クロスゲーム』を

PCの無料閲覧サイトでがっつり見ながら

友達に電話をした。

 

 

プルルルル ガチャ

僕:

「もしもし、おっす。」

 

キックス:

「もしもし、どうしたん?」

 

僕:

「リアルチャリ走しようぜ?」

 

キックス:

「はっ?どういうこと?」

 

僕:

「とりあえず、チャリでどこまでいけるかチャレンジしてみようぜ」

 

キックス:

「ようわからんけど、おもろそうやな!やろうぜ!」

 

僕:

「おっしゃ、決まりや!どこまで行く?」

 

キックス:

「わからんけど、とりあえず須磨まで行ってみるか」

 

 

こうして、目的地は決まった。

 

 

僕:

「メンバーどうする?テキトーに野球部を呼ぼうぜ!」

 

キックス:

「せやな!そうしようぜ!」

 

 僕:

「とりあえず、明日の朝5時に塚口まで行くわw」

 

キックス:

「OK!」

 

 

 

こうして、僕たちのリアルチャリ走は始まった。

 

つづく