読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぁここで踊りましょう!!!

なんでもないような事が幸せなんだなぁ〜。ここでは皆様のためになるのかわからないですが、いろいろと書きます

とりあえず、見てみようぜ。三宅洋平を。

三宅洋平さん 

matome.naver.jp

 

今回、東京選挙区 参議院選挙に立候補するミュージシャン。

彼を知ったのは、インスタグラムのとあるTLにあった動画。

その動画を見て、すぐさまYoutubeで検索。

youtu.be

40分を超える、演説。少し長いかもしれない、けど見て欲しい。

これを見て痺れない人はいないはず!

これほど、情熱を持って本気で世に訴えかけてる人を見たことがない。

人は見かけで判断しちゃいけない。

見て欲しいのは彼の本音の言葉・姿勢。

肩書きはミュージシャンかもしれないが、姿勢はまさしく政治家そのものだ。

 

山本太郎三宅洋平の政治が見てみたい。

記事を書いた原動力になった。

僕にできることは、小さい。

もしかしたら、ここから日本が変わるかもしれない。

もしかしたら、いい方向に向くかもしれない。

そういう期待を感じさせてくれる演説。

僕は、彼の本音の言葉と姿勢

この2点に賭けてみたい。

 

彼の一言一句を、文字起こしされた方がいる

すいません、使用させていただきます。

ameblo.jp

朝日でもいい。読売でもいい。

記者さんたちも本当は同じマインド持ってるだろう?
デスクと戦ってくれよ。ロイヤル株主と戦ってくれよ。
本当は同じ想い持ってるって、俺は信じてるんだよね。
そういう日本人が今立ち上がろうとしてる。
奴らが一番怖いのは、俺たちが1つにUNITE(団結)すること。
意見の違いを乗り越えてたった1つのポイントで。 
平和で、暮らしやすい国を作ろう。
本当の保守ってのは、国家の暴走から、国を守る奴ら。
じゃあ国って何だ?

国体じゃない。
皇家でもない。
俺たちだよ。

 

「応援してます。髭剃ってください」
「応戦してます。だから、髪切ってください」
「応援してます。服、着てください」
「応援してます。靴履いてください」
3年経って三宅洋平、大きく成長しました。
今回、長ズボンです。
靴履いてます。
シャツ着てます。
なんだ、次は「ボタン閉めろ」か?
じゃ、俺が頭丸めて髭剃って、スーツ着て、全部の意見、受け入れたら、
誰なんだ、俺は。
そうやって、政治家にだけ、謎の下から目線で冷たい事言い果てて。言い放って。
そうやって作ってきたのがあの国会だよ。

 

 

まとめ 

Youtubeで演説を見た瞬間から、”これは拡散しないと!”と謎の使命感が出た。

彼の事務所の回し者でもない。

ただ、純粋に彼を見て心を打たれた一人なのだ。

ちなみにすべてがすべて三宅さんに賛同してるわけではない。

そもそも、当選前のマニュフェスト公言にはうんざりしてる。

彼も幾つか挙げていたが、すべて実行できるとは思わない。

だけど、この人ならもしかしたら・・・という期待がある。

その期待に、賭けてみたい。

この人たちの政治が見てみたい。

この人たちなら日本を・・・

 変えてくれる!!!

そんな熱いパッションを信じて、この文章を終わりたいと思います。

 

 

長くなりました。

最後まで見てくれてありがとうございます。

 

あんまし言うたことありませんが・・・最後に

ヤーマン。