読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぁここで踊りましょう!!!

なんでもないような事が幸せなんだなぁ〜。ここでは皆様のためになるのかわからないですが、いろいろと書きます

東京駅のトイレは素敵や〜ん

 

東京駅のトイレは素敵や〜ん

 
これは、ついさっき
15分前に気づいたことである。
 
 
 
 
なにが素敵か?
 
 
説明しよう。
 
 
 
 
 
では、まず比較対象として
一般的な駅トイレの説明から。
今回写真提供に協力して頂いた
G先生(Google先生)のお写真をお借りしながら、説明をしたい。
 
 
 
 
f:id:notdakyo:20160519105055j:image
 
 
f:id:notdakyo:20160519105235j:image
 
 
 
 
 
初っ端に、青森駅をチョイスしたのは
頭の片隅に置いときつつ
 
みなさん、お気づきだろうか?
特に2枚目の埼京線新宿駅のトイレに注目してほしい。
 
通常、男子トイレの場合
美しい白いフォルム(便器)は
大概、出っ張ってる。
 
そして出っ張ってる事により
 
  1. 隣の人のナニモツが見やすい。(故意的に見てるわけではない)
  2. 美しい白いフォルム(便器)の周りは飛散した尿だらけ
  3. 荷物が起きにくい。
 
といった特徴があげられる。
 
 
 
ここで注目して頂きたいのが
3 荷物が起きにくい 
この項目だ。
 
 
大事なので、2回いう!
荷物が起きにくい!!!
 
 
 
 
 
さぁ、ここでようやく
東京駅のトイレの出番だ。
 
今回はG先生(Google先生)のお力ではなく
Kaiphone(ぼくのiPhone)で撮影した写真を提供したい。
 
 
 
 
 
 
その写真がコレだ!
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:notdakyo:20160519110347j:image
東京駅トイレ
 
 
 
 
 
 
 
みなさん、おわかりいただけただろうか?
 
あの美しい白いフォルム(便器)が
出っ張っていない!!!!!
 
くっ、食い込んでいる!!!
 
その食い込みはまるで、
ボクサーパンツが、ケツの穴に食い込むくらいの勢いである(もちろん個人差はある)
 
 
そして、抜群の食い込みによって
生まれたスペースがある。
 
 
 
それがこれだ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:notdakyo:20160519110721j:image
東京駅のトイレ
 
 
 
 
 
 
おわかりいただけただろうか?
 
 
中身がパンパンに詰まった、トートバッグですら、貫禄の立ち振る舞い。
しかも、まだ余裕すら感じる。
素晴らしい演出だ。圧巻だ。
 
 
この演出を施しているのが
美しい白いフォルム(便器)の食い込みによって生まれたスペースである。
 
 
 
 
 
補足すると
食い込むことで、
飛散する尿の量を抑えれる。
そして、隣の人のナニモツか見にくい。
 
 
素晴らしい。
 
 
これぞ、Win-to-Win。
 
掃除をされる清掃員の気持ちも嬉しい
荷物を大量に持ってる男性も嬉しい
 
みんな嬉しい。
 
 
これが Win-to-Win。
 
勉強になりました。